PB-100の宇宙の中の人
PBロッキーの日記

PBディスプレイメイカーの制作

PB-100の画面イメージ製作を簡易化してくれるアプリ

もうかりまっか。どーも、PBロッキーです。

この週末は、以前からの懸案だった、PB-100 の画面イメージ製作を簡易化してくれるアプリの開発に少し手をつけました。

こいつは、SHIFT や RUN モードなどの状態と、12マス分の表示キャラクタを指示するだけで、画像(のように表示される HTML & CSS )をぶしゅっと吐き出してくれる、というものです。

なんども実機を撮影し表示の位置を調整するにとどまらず、液晶に落ちる筐体の影や液晶自体のくすみを取り込んで表現した質感は、 我ながらかなーり満足な出来でこのまま BASIC が走らないのが、むしろ不思議なくらいですっ!!(^^;)

(残念ながら、パソコンのドットは 1:1、PB-100 のドットは 2:3 な関係で、若干縦に長くなっております、、、CASIO さんなんとかしてくださいっ!)

アプリは javascript のみの簡単なもの(予定)ですが、これまでは PB-sim のスクリーンショット機能を利用したり、チマチマとドットを打ったりしていて結構大変だったので、 その恩恵たるや(PBロッキーにとっては)絶大です(^-^v

現在は画像と CSS の準備、そしてクロスブラウザによる検証が済んだ段階で、Javascript による自動生成部分はまた後日となります。 僅かに以下の HTML タグで上記の表示が得られるので、オッス、オラ、ワクワクしてきたぞ!ってなものですな。

<div class="pbdisplay">
     <div class="display_head">
        <span class="ext">EXT</span>
        <span class="function">F</span>
        <span class="wrt">WRT</span>
        <span class="gra">GRA</span>
        <span class="trace">TR</span>
        <span class="prt">PRT</span>
        <span class="stop">STOP</span>
     </div>
     <div class="display_main">
        <span class="chr12">=</span>
        <span class="chr13">≦</span>
        <span class="chr14"><</span>
        <span class="chr15">≠</span>
        <span class="chr16">0</span>
        <span class="chr17">1</span>
        <span class="chr18">2</span>
        <span class="chr19">3</span>
        <span class="chr20">4</span>
        <span class="chr21">5</span>
        <span class="chr22">6</span>
        <span class="chr34">C</span>
     </div>
</div>

文字コード表が手元にない

最後に、いずれは皆様にすぐ使っていただける形で公開!といきたいところですが、ここで若干の懸案がございます。

文字の PB-100 フォントへの差し替えは、<span> タグについた classchr12 などと指示しているのですが、のちのちのいろいろのためにも、 この数字を PB-100 実機の文字コードと一致させたいと考えています。そしてその文字コード表が手元にない、という話でござざいます。

幸いにハードディスクの中には、PB SPECIAL をスキャンしたものが入っていたので、最後のほうに編集部の手になる文字コード表があるにはあるのですが、> が二つあったりして誤記が酷く、 チス、自分兄貴についていきます、とはとてもなれない感じです。いやはや。

一応以下のような IF 分を用いた演算で、表の検証は行っていますが、ここははやらず、腰をすえて文献を比較検討しつついきたいところです。ではでは、よろしくお願いいたします。

1 INPUT A$,B$
2 IF A$<B$;PRINT A$;"<";B$
3 GOTO 1

2 件のコメント

こだわりの画面、カッコいいですね。

文字コード表と言えばこれでは?
http://pisi.com.pl/piotr433/formats.htm

これは手元の資料とも一致します。

余談ですが、PB-110は7Aに\が来ます。
FX-795Pのマニュアルはさらに7Bに網(チェッカー)があります。

しぶき さん
スイマセン、今気づきました(^ ^;
迅速かつ完璧なご回答ありがとうございます!

教示いただいたページは、あのおなじみのとこですね。思い出せていれば、もっとスムースに作業できたのに…

さらに、お手元の資料と確認までいただけて、大変ありがたく心強いです!!

余談もとても助かりまして、バックスラッシュは記憶の隅にあったのですが、FX-795Pのチェッカーはすっかり抜け落ちておりました…(汗

エントリーでは触れませんでしたが、PBディスプレイメイカーは、機種を指定することで、さらに次を実現しようと思っております。

・機種毎に違うトランプフォントの再現
・(トランプの他にもあったような…)
・機種毎に微妙に違うらしいDEG・RAD・GRAとかの表示位置の再現
・筐体の色の再現(PB-100の場合は濃い青)
・(PB-80の斜体フォントの再現)

筐体の色については以前ご紹介いただいたページを眺めながら、TandyとかRadio Shockもカバーしたいと妄想膨らませてました(^-^

http://www.ledudu.com/pockets.asp?type=9&serie=2


また、FP-12Tを再現したPBリストメイカーともども、今週末にも進歩などアナウンスさせて頂きたく思います。